スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

SNOW JOB....SNOW SURF.

窯工事再開しました

工房では何回目かの、窯工事が続いています。
今回の工事でしっかり治す予定でしたが、治しきれないことが発覚。分解してみたら、パーツ交換が必要な可能性が濃厚になりました。もっとクリアに言えば、最初に替えるべきだったパーツを「大丈夫、どうにかなる」とダマシダマシやってきましたが、「やっぱり交換しないとダメだった」という事実をようやく受け入れるに至りました。

あの手この手で穴を塞がず、もっと早くに「あきらめ」て、交換するべきだったように感じます。工場でやるべきだった作業を工房でやる事はとても時間がかかり、作業もしにくいでしょう。パン焼きだって休まざるを得ません。だれも得しない※SNOW JOBの弊害が未だに続いています。毎週楽しみにして下さっているお客さまにも、窯騒動でご迷惑をかけており本当に申し訳なく思っています。
※SNOW JOB雪仕事だったらよかったのに。。。



今週末の不安と今後

今後、第二次工事として窯の部品を作成して交換する予定ですが、今回の第一次工事は今週前半までかかる見込みです。そこから養生を外して、工房の掃除。

つまり、製粉が間に合わなそうです。
そして、酵母も思うように継げません。
もしかしたら今週末(23土)のパン焼きが出来ないかもしれません。

でも何とか、どうにか、焼けないかと考え中です。
結果的にどうなるかはツイッターで必ず告知致します。 
ご不便をお掛けしており本当に申し訳ございません。
出来る限りを尽くします。


窯の中身が取り出され、大部分が養生された今、工房に居ても何も仕事が出来ず、このストレスのぶつけどころも見つけられず、なんとか酵母だけは継いで脱出したのは「山」。たった数分間の滑走のためにその数十倍の時間を道具を担いで登りに費やす遊びです。

ひと時のくつろぎ、小さな幸せ、一瞬のピーク、少しの贅沢。どの言葉の後ろにも、そのために必要な多くの時間が隠れています。

パクッとたべるパンを作るのに、狭い工房でも窯以外の作業スペースがこれくらい必要です。いまは工事中で養生されていて、作業台も見えませんが。。。 夕方から片付けてどこまで作業が進められるでしょうか。


全自動のホームベーカリーの機械がこれだけ売れているのも、パン作りが場所と時間のかかる面倒な仕事だからでしょう。ドライイーストをつかっても、なかなかの時間が必要です。そして、ホームベーカリ…

最新の投稿

冬の旅。地下の小麦。

パンを焼かない日の話し

ゾウ使いになる日

再開と課題と解決策

【吉報】12/8(土)臨時販売

工事再開の悲報