スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

The Art of Artisan

【今後の見通し】
10月も残りわずかとなりましたが、今月中には「窯」が運び込まれる予定です。これと同時にテスト焼きができるわけではなく、その後にガスメーターが設置され、工房設備が完成したのち、保健所による立ち入り検査→合格となってから、「仕込み」となります。

仕込みの流れ
製粉作業酵母の培養生地の仕込発酵と熟成期間焼成 工房内の環境が変わったため、住み着いていた酵母菌にも影響が出ています。これまで以上のクオリティーを目指すための”Project B”ですが、本格的な営業再開は早くて年内といったところだと思います。

Q: パンはいつ食べれるの?
A:  11月を目指します。本格的な営業前に、テストベイキング(試験&練習の焼き)の期間が必要です。この期間中に何度も繰り返し焼き続けます。そのパンを営業再開前に食べていただければと考えています。
【皆さん、どうかお願いします!】 ベースベーカリーが「窯」に慣れて納得のいくパンが焼ける様になるまで、営業再開は致しません。しかし、練習でパンを焼きつづける必要があります。その練習パンの「美味しさ」「焼き加減」はイマイチかもしれませんが、どうにかこうにか食べて下さい。日本最高峰の麦、手塩にかけて育てた有機小麦で焼くパンです。食材は1粒も捨てたくないので、食べることで応援とご協力をお願いします。テスト期間中も本番と全く同じ「最高の麦+最大限の手間」で焼き、そのパンに値段はつけません。これは安売りではありません。お客様サービスでもありません。納得のいくパンが焼けるまで、パンを無駄にせず練習を続けたいのです。どうかご協力の程、心よりお願いいたします。アナウンスはこれまで通り、ツイッターでのみ、致します!
日々雑感
休業から75日目。「窯」の設置を目前として最後の仕上げに連日追われています。作業の姿が板についてきたと、見に来たお客様に褒められて、、、パン屋としては危機を感じるこの頃です。何事も続けていれば多少なりとも、うまくなるものです。

慣れと狎れ
「うまくなる」には「慣れ」が関わっていて、「慣れ」には「要領」が必要です。ところが、この「要領」には「ズルさ」も潜んでいるという事を「慣れてきたころ」に忘れがちです。ズルさの使い方、さじ加減は難しく、うまく使えれば「慣れ姿」。悪く使えば「狎れ姿」。おなじ「ナレ」ですが、意味はだいぶ違います。パン作りにも慣…

最新の投稿

思い出に白を込めて

終盤戦濃厚也

天井裏とこころ構え