スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

【吉報】12/8(土)臨時販売

前回の投稿から5日が経過しましたが残念な現況はまだ直っていません。でも5種類の解決方法から相談の末に1つを選び再び前進できそうな気配です。

解決方法として、オーバースペックとも思える150℃~200℃に対応する高耐熱型送風機を設置する予定ですが、そのサイズが取り外した機種と同じはずがなく、接続口径も違う。それを狭いスペースにどう納めるかは工夫が要りそうです。設置後に風量計での調整を経て「2回目の完成」となる予定です。。。ご心配をお掛けしておりますが、この沼からはなんとか脱出出来そうな気がしてきました。ご声援誠にありがとうございました。皆さんの気持ちにパンで報えるように、頑張ります。


臨時販売:12月8日(土)

時間は未定です(追ってツイート)場所はいつも通り白いドア内種類はアドリブで2~3種類のみいつも通りの完全セルフサービスパンの金額もお客さんが決めて下さいマイバックのご持参をお願いします製パン中はハーフカット出来ません紙幣の両替が無いようにご協力下さい パン:大変希少なBIO古代小麦100%の超長期間熟成生地。    他、これに福井県産有機玄蕎麦挽きぐるみ*を配合した生地。
以上2種類の非常に実験的で挑戦的なパンで皆さんをお迎えしたいと思っています。 もう、パンになるかならないかギリギリの生地です。どちらも自家製粉してすぐに仕込むため酵素量も豊富で失敗は十分にあり得ますが、これだけお待たせした皆さんに食べて頂く最初のパンは、無難なパンでは済まないと思いました。もし成功したらきっと・・・そんな希望のパンを、試作もしていないパンを、とてもヒヤヒヤしながら精一杯焼かせてもらいたいと思っています。

*玄蕎麦挽きぐるみ=殻つきの黒い蕎麦の実を丸ごと石臼挽きした粉から、大きな殻だけをフルイ分けた香りの高い蕎麦粉です。
パンの金額をお客さんに決めてもらう理由 10月を予定していたリニューアルオープンは12月に差し掛かり、本当に長くお待たせしています。このブログを通して、待たせている側の自分の気持ちばかりを綴ってきましたが、待たされている側にも色々な気持ちがあると思います。
もう待てない、10月って言っていたのに。 実際にそんなお声も頂戴しましたし、いつまででも待ちます、なんていう天使のような声も、ひょっとしたら?あるかもしれません。久しぶりの販売だというのに、失敗するかもしれない様…

最新の投稿

工事再開の悲報

実感の時間

バゲットの行く先

悲願のパン

Ready to Bake.